フォーミュラ・ニッポン第6戦スポーツランドSUGO招待企画を実施

2013.02.04


2012年9月23日にスポーツランドSUGOにて開催された全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第6戦に、仙台市内の仮設住宅より被災した子供14名および保護者10名を招待いたしました。
 当日はあいにくの雨模様の中、午前9時に仮設住宅団地を集合・出発し、一路スポーツランドSUGOへ。サーキット到着後、TEAM IMPUL様のご協力により、ピット内を見学。日本最高峰のレーシングカーを間近で見た子供たちは感嘆の声を挙げていました。その後はピットウォークに参加、チームグッズやドライバーのサインをもらったり、記念撮影を楽しんでいました。そして、ピットウォーク後には、中嶋一貴選手のご協力のもと、チームメイトのアンドレ・ロッテラー選手も加わり、TOM'Sチームのピット前で参加者全員の記念撮影を行ないました。
 昼食は、強い雨が降り続けていたため、TEAM IMPUL様およびNAKAJIMA RACING様のホスピタリティブースをお借りしての食事となりました。本来、チーム関係者以外は立ち入れない場所とあって、少し緊張している様子もうかがえましたが、暖かい場所でゆっくり食事をとることができました。
 レースがスタートする頃にはさらに雨が強くなってしまいましたが、スタート前のグリッドを訪れた後、ピットの上やコース脇でレースを観戦。子供たちはフォーミュラ・ニッポンのスピードやエンジン音に驚いていましたが、ドライバーのテクニックやレース中のバトルなどを最後まで楽しんでいました。

          *           *           *          

今回の招待企画では、これまでレースに参加しているため引率に携わることができなかったWheelsメンバーも子供たちと接することができ、レースやレーシングカーを間近に観た子供たちの楽しそうな笑顔と触れ合うことができました。今後も、我々Wheelsは、このような機会を増やし、モータースポーツを通じた支援活動を継続してまいります。

■開催日:2012年9月23日(日)
■参加人数:児童14名、保護者10名
■ご協力団体:株式会社 菅生(スポーツランドSUGO)様、TOM'S様、TEAM IMPUL様、NAKAJIMA RACING様、TMSC様ほか