1泊2日の「Wheelsサマーキャンプ」を実施

2012.09.03


去る7月28〜29日、気仙沼および仙台市内の東日本大震災の被災児童と学生、保護者を含めた15名を招待し、1泊2日の「Wheelsサマーキャンプ」を行ないました。

■開催日:2012年7月28日(土)〜29日(日)
■参加人数:児童12名、学生(高校/専門)2名、保護者1名


 7月28日(土)の早朝に気仙沼を出発した一行は、Wheelsメンバーの吉田広樹、成澤正人、佐藤晋也、平山里恵をはじめとするスタッフの引率により、まずは夢メッセみやぎで開催されていた「とうほく自動車フェスタ」へ。世界初のガソリン車のほか、ハイブリッド車や電池自動車などの次世代型車両、レーシングカーなどが展示された会場内で様々な“クルマ”を見学しました。
 昼食をはさみ、午後から仙台市内にある「キリンビール仙台工場」を訪れ、ビールができるまでの行程を見学するとともに、KIRINブランドのジュースをいただきました。
 そして、その後は「2012 AUTOBACS SUPER GT第4戦SUGO GT 300kmレース」が開催されているスポーツランドSUGOへと移動し、GTA様のご招待により、「サーキットエクスペリエンス(同乗走行体験)」に参加、レーシングドライバーの運転するクルマに同乗し、サーキット走行を楽しみました。参加した子どもたちは、初めてのサーキット走行に「すごく速くて怖かったけど、楽しかった!」「僕もレーシングドライバーになりたい」などと大興奮していました。また同レースに参戦しているWheelsメンバーの吉本大樹、星野一樹、片岡龍也との記念撮影のほか、キッズウォークにも参加。翌日のレース観戦に期待を膨らませていたようです。
 サーキットを後にした一行は、夕食後、グランディ21「リフレッシュプラザ」に宿泊。1日目のスケジュールを無事に終えました。

 翌2日目の7月29日(日)は昨日同様、GTA様のご招待により、スポーツランドSUGOにて「2012 AUTOBACS SUPER GT第4戦SUGO GT 300kmレース」を観戦。初めて見るレーシングカーのスピードやエンジン音の大きさなどに驚きの表情を見せながらも、迫力あるバトルを楽しんでいました。
レースに参戦しているメンバーもいたため、Wheelsメンバーの全員が子どもたちと十分に触れ合うことはできませんでしたが、今回参加してくれた子どもたちにとって夏休みの思い出のひとつになったのではないかと思っております。

Wheelsは、今後もモータースポーツを通じて、
子どもたちが少しでも笑顔になれるような活動を続けてまいります。